結納について

結納について

結納とは

結婚するというお二人の意思を公にし、永遠の愛を誓い、両家のご両親に感謝の念を表し、
両家の縁を結び、益々繁栄することを願う儀式で、正式な婚約成立を意味します。

結納というと、お金を授受する儀式と勘違いされる方も多いようですが、もともとは女性側のご両親に対する男性側の感謝と誠意の現れとして、数々の品を取り揃え、持参したものです。 それぞれの品に「ご縁を結ぶ」意味がこめられているためその品々を持参したのですが、現代の贈り物としては扱いが大変だったりすることからお金に代わっただけなのです。

結納は進化しています

結納は古くからの伝統の儀式ですが、時代に合わせ、内容が進化しています。
決して古くさいものではありません。

今はお仲人さんがいないので若い方 参加型です。
昔にはなかった下記のような場面があります。

  • 1.若い二人が各々、相手への思いや両親への感謝・これからの抱負を言葉にする場面があります。
  • 2.婚約指輪をはめる場面があります。

お返し結納とは

結納が婿方から嫁方へ婚約の印として結納品を贈るのに対し、嫁方から婿方へのお土産として結納の形をとったものを、お返し結納(おみやげ結納)といいます。お返し結納は婿方より受納された結納品目数の範囲内でお返しすることが肝心です。
昔から、お嫁入りの際には、婿方の先祖、両親、兄弟、姉妹に対し、おみやげを持参するのがならわしです。家族へのお土産は奉書で巻き、水引をかけて、お嫁さんの名前を書きます。
おみやげ結納は、広島では、結納を頂いてから、後日改めて持って行くのが慣習ですが、最近では結納当日の同時交換もあります。

「お返し無しで…」という事を聞きますが、これは昔、帯料の半額を御袴として返していた時期があった為であり、「半額も返さなくていいですよ。」という意味です。まったく何も返さないでいいですよ、という意味ではないので、勘違いのないようにしましょう。儀礼を欠いては失礼になります。

御袴にはご縁が有りますようにということで、気持ち程度入れ(五千円や、一万円程度)、勝男と多留には松魚と家内喜多留に入っていたのと同額包みます。時計や、背広等を添えることも多いです。

結納品目について

結納品目は、熨斗・寿栄広・御帯・松魚・家内喜多留の五品目が基本になります。これが揃えば「結納」となります。
そのほか品目は、七品目、九品目、十一品目というように縁起が良い奇数で整えるのが原則です。まれに末広がりということで八品目にする場合もあります。
品物としては、上記のほかに指輪・高砂又は友白髪・するめ・昆布・八木・宝船などがあります。品数は、婿方としての気持ちをこめて贈るものであり、それぞれの家としてふさわしい品数を選ばれればよいと思います。

略式結納について

結婚式に「略式結婚式」がないように結納にも「略式」は存在しません。近年、結納の品数を削った「略式結納」といった言葉を耳にするようになりました。 もともと関東で九品目を基本としたので、それより少ない品目を「略式」と呼んだところから誤解が生じたのでしょう。広島では基本の五品が整わなければ結納となりませんので注意が必要です。略する事と質素にする事は違います。

結納品の意味

御帯(おんおび)

二人を結び、両家を結び、魂まで結ぶとされた帯を贈ります。最近では着物を着る女性が少なくなったので、帯がお金に代わってきました。 贈る内容がお金に代わったことで、結納は支度金を渡す儀式と勘違いされることがありますが、あくまでもご縁を結ぶための帯の代わりです。皇室では今も現物を贈っています。

御帯(おんおび)
松魚(しょうぎょ)

鯛の雄、雌一対の事で、腹合わせに飾ります。昔から祝い事に用いられます。最近では生鯛をもらっても、扱いが大変なので、お金に代わっています。皇室では今も現物を贈っています。

松魚(しょうぎょ)
家内喜多留(やなぎだる)

清酒六升分を樽に入れて持っていきます。最近は重いこともあり、お金に代わっています。
皇室では今も現物を贈っています。酒は日本人の命の糧である米から造られたもので、豊作を願い、感謝するために、お神酒を捧げました。酒は「神と人とを結びつけるもの」また「人と人とを結びつけるもの」です。 酒を贈るとは愛・感謝・祈願等の意思を表現しています。

家内喜多留(やなぎだる)
熨斗(のし)

あわびの肉を延ばし、干したものです。不老長寿を意味すると共に、宴席や贈答品に熨斗を添えることで、相手を心から大事に思い、大切なものを差し上げていることを表します。昔、酒を贈ったり、振る舞う時に、酒が美味しいように、酒の肴(さかな)を調達しました。 日本人の思いやりの心の現れです。肴は魚ばかりではなく、時には舞いであったり、花、香、謡も肴でした。その後、魚の中のあわびが代表的に使われ、日持ちがするように、延ばしました。 したがって、熨斗がついたものは神様とつながった命同様の酒の代わりであり、断ることのできない大事な品物とみなされます。いつも使っているのし袋、のし紙に付いている熨斗(のし)の由来です。
この場合の神は特定の神を表すのではなく、結納に宗教色はありません。

寿栄広(すえひろ)

末広がりに慶びやめでたさを広げる意味から、扇子一対を贈ります。夫婦ともに末永く幸せにと願う意味があります。

寿栄広(すえひろ)

水引き飾りの意味

松(まつ)
松(まつ)

松の長寿と緑のようにいつまでも変わらず栄えるように願ったものです。

竹(たけ)
竹(たけ)

真っ直ぐに質実剛健な竹の成長を例えたもの、貞操も意味します。

梅(うめ)
梅(うめ)

春に先駆けて最も早く花が咲き、実を結ぶ梅の美しさ、忍耐を表します。

鶴(つる)
鶴(つる)

千年の寿命を持つとされ、長寿にあやかること、又鶴が一夫一婦であることで、節操を意味します。

亀(かめ)
亀(かめ)

長寿万年、共に急がず休まず、末永く幸せを築けますようにと願います。

関西と関東の結納の違い

結納は地域によってしきたりが異なります。
大きく分けて、東と西では違いますので、ご説明いたします。

広島を含む、関西では、結納は「納める」といいます。
東京など関東では、結納は「取り交わす」といいます。
結納を「納める」ということは婿方が結納をもっていって、嫁方から受書だけをもらい、嫁方からのおみやげ(お返し)結納は日を改めて、後日納めることになります。
結納を「取り交わす」ということは、字のとおり、婿方と嫁方が同時に、結納とおみやげ結納を交換することです。

点数も、広島では5点が基本で、7点、9点と増やします。
関東では9点が基本です。

基本的にはご自分の出身の地域を優先します。

ページの上部へ

Copyright ©FUKUHARA YUINOUTEN Co,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.