結納する?しない?迷っている方に伝えたい結納のメリット

プロポーズを受けた後、結納をするかしないかで迷ってはいませんか?
一生に一度のことです。後悔しないためにも、結納のメリットについて
ご教示できればと思います。

こんなことで迷っていませんか?

お金がかかる

実際に結納では、結納の品々を用意するためにお金が必要ではありますが、大切なのは結婚への「決意」やご両親への「感謝」の場をつくり、ご縁を結ぶ儀式を行うことです。
結納品やお包みする金額に相場は存在しませんので、お互いの身の丈に合った結納で十分です。
お金がかかるからと諦めないで、一度ご相談にいらしてください。

面倒くさい

おふたりは結婚の後、大きな試練に遭うこともおありでしょう。面倒なことは避けて通れなくなってきます。だからこそ、ご縁を結ぶことは多くの準備が必要であることを感じてみてはいかがでしょうか。 入籍は「紙一枚」でできてしまいますが、なんだか結婚の実感が沸かない…なんてことはありませんか?ここまで準備してやることが心に影響を与えると思いますよ。面倒くさいことにも意味を感じていただけたら幸いです。

結納のメリット

では、結納のメリットをご紹介しましょう。

ご両親とお相手を安心させることができる

お相手がプロポーズを受けて、「これから幸せな家庭を築いていこう!」と決意したのも束の間、「愛の言葉や婚約指輪をもらったけれど、何か確かなものがないと、少し不安…。 私たち本当に結婚するのよね?」というような心配は大なり小なりあるのではないでしょうか。特に女性はすぐに不安を感じてしまうものです。結納は、ふたりの婚約を公にし、永遠の愛を誓う儀式です。 結婚へ向けての「確かなもの」がここにあります。
結納をすることでお相手もご両親も安心されることでしょう。

お互いの家族を大切にする

夫婦となる覚悟ができる

結納の儀式を通して、お互いがご両親に大切に育てられたことを感じ、お互いもそのご家族も一緒に大切にしなければならないことを深く感じるでしょう。
実際に体験することで湧きあがる想いを体感してみてはいかがでしょうか。
きっと夫婦となる覚悟ができるはずです。
何事も節目を大切にすることには意味があります。

本人だけでなく両親や周りの方からのサポートを上手にお借りする

ご両親への感謝の気持ちを伝えられる

結婚式でも感謝の気持ちを伝えるタイミングがあるでしょうが、それは、披露宴で大勢の方を目の前にして発する言葉となります。 結納は、両家だけの遠慮のない空間の中で、心からの感謝を伝え、結婚への決意表明をする絶好の機会となります。 結婚を決意したタイミングでご両親への感謝の気持ちを伝えることが「けじめ」にもなると思います。

ご両親への感謝の気持ちを伝えられる

両家の距離がグンと近づく

結納の中で、婿方が嫁方のことをどのくらい大切に思っているかや、婿方の誠意やご家族が嫁方を望む度合いが伝わります。また、嫁方がどのくらい、婿方のご家族の一員として仲良くしていこうかということも伝わります。 ご両親同士が、「未熟な若い二人を両家でサポートしましょう!困ったときには助け合いましょう!」と確認し、約束しあう場でもあり、同じ時間を過ごし同じ目的を共有することで両家の距離がグンと近づくことでしょう。

両家の距離がグンと近づく

一生でまたとない感動を味わうことができる

結納の儀式は、1000年以上もの昔から歴史を重ねてきた、私たち日本人の美しい伝統文化であり、両家の繁栄と夫婦の幸せを願う「優しさ」と「感謝」の象徴です。
日本人の思いやりの心から生まれた、結納。厳粛な中で行われる儀式は背筋がすっとのび「けじめ」をつけるよい節目となってくれるでしょう。 そんな儀式の中で取り交わす「誓い」やご両親への「感謝」を伝えることできっとここでしか味わえない感動を味わうことができると思いますよ。

一生でまたとない感動を味わうことができる
ページの上部へ

Copyright ©FUKUHARA YUINOUTEN Co,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.