結納について

結納の進め方

あいさつの言葉、順番など、結納にはさまざまなしきたりがあります。
しかし堅苦しく考える必要はありません。しきたりとは、とどこおりなく儀式をすすめるための、いわばマニュアルのようなもの。ルール通りにすすめれば、自然に儀式が進行して行くのです。
厳粛なムードの結納は、まるで映画のワンシーンのよう。

「いく久しくお受けいたします」 奥ゆかしい口上を述べるとき、婚約の実感がわき、喜びがあふれます。
きっと、いつまでも忘れられない一日になることでしょう。

※ここでご紹介するのは「仲人を立てない場合」の進め方です。
※結納式はできるだけ嫁方自宅で行いましょう。

01結納品の飾り付け

結納品を飾る場所(床の間または上座)に緋もうせんを敷き、婿方が結納品を飾る。

結納品の飾り付け

02全員着席

床を中心に上座より婿方の父、母、本人、下座に嫁方の父、母、本人の順に座る。

全員着席

03結納式開式の挨拶

婿方父親「只今から結納の儀式を始めます。」
婿方母親は床の間に飾ってる目録を婿方の父親の前に運ぶ。

結納式開式の挨拶

04結納納めのことば

婿方父親「本日は、お日柄もよろしく、婚約の印として、結納品を持参いたしました。どうか幾久しくめでたく御納めください。」

結納納めのことば

05結納目録の授受

婿方父親は目録(白木台に入れた目録を広蓋の中に入れ、袱紗を掛けたもの)を嫁方の父親に渡す。

結納目録の授受

06目録の確認

嫁方父親、母親、本人 目録上の袱紗を外して上座に広げて置き、中身を拝見する。

目録の確認

07結納お受けのことば

嫁方父親「只今は誠にご丁寧なお言葉を賜り、また結構な結納の品々を戴きまして、誠にありがとうございました。幾久しくお受けいたします。」
母親、本人「ありがとうございました。」

結納お受けのことば

08嫁方受書を婿方へ渡す

広蓋の中に受書を入れ袱紗を掛けて渡す。
嫁方父親「これは受書でございます。どうぞお納めください。」

嫁方受書を婿方へ渡す

09婿方受書受取りのことば

婿方父親(受書の中身を確認し)「ご丁寧にありがとうございました。納めさせていただきます。」

婿方受書受取りのことば

10婚約指輪披露(結納品目の中に指輪がある場合)

新郎は飾ってある指輪を取り、新婦の指にはめる。

婚約指輪披露(結納品目の中に指輪がある場合)

11結納式閉式の挨拶

婿方父親「以上をもちまして結納の儀、めでたく相整いました。本日は誠にありがとうございました。それでは、若い二人から今の気持ちを一言ずつお願いいたします。」

結納式閉式の挨拶

12新郎・新婦のことば(愛と誓いと感謝のことば)

お互いにご両親や婚約者に対するメッセージを一言ずつ述べるとよいでしょう。

新郎(例)
「本日は私たちの結納の儀が無事整い誠にありがとうございました。結婚新家庭にむけての第一歩を踏み出すことができました。いつも暖かく見守ってくださった両親のおかげと感謝しています。これから二人で力を合わせ(女性側の名字)のご両親と私の両親を手本にご先祖様に恥じない生き方をし、お互いを思いやり、幸せな人生を送るよう努力いたしますのでよろしくお願いいたします。」
新婦(例)
「本日はありがとうございました。いただいた結納の品々を実際に目にしてみて(新郎の名前)さんだけでなく、ご両親からもとても大切に思っていただいていることを感じ、とても幸せです。これから二人、仲良く、お互いの両親を大切に思い、二人で力を合わせて私達の家庭を築いていきます。よろしくお願いいたします。」

新郎・新婦のことば(感謝と愛と誓いのことば)

13祝膳の準備

お祝茶(ここで座布団をすすめる。)

祝膳の準備

14祝膳の開宴

(祝膳は場所を変えるという方法もあります。)

ページの上部へ

Copyright ©FUKUHARA YUINOUTEN Co,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.